デザイン

アソビゴコロのある風呂敷ができました 「mitate moyou」

 

もこもこな雲を羊雲と名付けたり、りんごをウサギにしてみたり。

「見立て」は日本の伝統的な表現方法で、あるものを何か別のものに見立てることをいいます。

落語の扇子を使った仕草や日本庭園のしつらえなども、

この見立てによってイマジネーションを膨らませてできたものなんだそうです。

そんな日本ならではの楽しみを風呂敷に表現してみました。

 

シリーズのスタートは、「カラシレンコン」「ビーツ」「スイカ」に見立てた3つの柄から。

アレンジのしやすい70cmと100cmサイズで展開しています。

きゅっと結んで簡単に使えるバッグがおすすめのアレンジです。

 

 

端っこをに結び目を作るだけで簡単にバッグになる「ショッピングバッグ」

 

 

 

 

 

 

ニュアンスのあるカラーは秋の装いにもよく合いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 春のオリジナル風呂敷発表いたしました。

  2. 京都のれん株式会社

    年末年始のお知らせ ( 12月28日(土)~1月5日(日))

  3. 9/27(木)~10/2(火)杉田扶実子×赤月ルウトの日本画展示会のお…

  4. 好評につき風呂敷ハンドルの新色発売しました。

  5. 「Neko iro」風呂敷 販売延期のお知らせ

  6. p/p袋入れ仕様

    p/p袋入れ仕様一新しました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. mitatemoyouシリーズが登場しました
  2. 2020.09.1

    綾 幸子 様

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP