風呂敷のサイズと用途

風呂敷には「巾(はば)」という表示を使った独特のサイズ表示があります。
この巾(幅)とは 生地巾のことで昔はおおよそ38cmで生地が織られていたことに由来します。

2巾の場合 38cm+38cm=76cmとなるはずですが、生地同士を縫い継ぎするため約70cmになり、3巾の場合 38cm+38cm+38cm=114cmになるはずですが、おおよそ100cm縫い継ぎ2か所と言った具合となります

現在ではおおよそ横幅150cmまでの生地は織られているので4巾までは縫い継ぎは発生しないのがほとんどですが、サイズの呼び方に関しては古来よりの言い方のままとなります。

尺三巾 (しゃくみはば)=小風呂敷(約50cm)

50cm風呂敷サイズ

 

お弁当包みやティッシュカバーに。
袱紗(ふくさ)としてやバンダナとしてもお使いいただけます。

二巾 ふたはば(約70cm)

size_photo01

風呂敷として一般的に使われている大きさ。
使いやすいサイズです。
菓子折を包んだり、小さなバッグにするものおすすめです。

 

二四巾 にしはば〈二尺4寸〉(約90cm)

 

 

三巾 みはば(100cm)

size_photo01荷物の運搬など、本格的な持ち運びに便利な大きさです。
バッグにしたり、インテリアに使ったりと、アレンジが広がるサイズでもあります。

 

 

 

風呂敷サイズ一覧表

使用参考サイズ

 

  • 尺三巾 (50cm) 弁当包み テッィシュカバー
  • 二巾 (70cm) 一般的なサイズ 菓子折り
  • 二四巾 (90cm) 瓶2本 エコバッグ
  • 三巾 (100cm) テーブルクロス エコバック
  • 四巾 (130cm) ソファーカバー
PAGE TOP