エステルシャンタン生地

中国の山東【シャンタン(shantung, )】地方より伝わった山東絹と呼ばれる縦が普通の絹糸、横が絹の玉糸で織られた先練りの平織物のことです。
横糸が一定の太さでないので、独特な風合いを醸し出し、木綿の風呂敷の定番生地となっています。

シルクロードの時代に伝来したと言われ当時は絹でしたが、現在風呂敷の世界では木綿が多く使われています。
一説には当時風呂敷は現在で言う段ボール※運搬具だったことから、丈夫さが非常に大切でした。
その時代のほかの織物よりもとてもシャンタンが丈夫だったことから急速に広まったとされています。

エステルシャンタン生地とは

木綿でよく見る生地をポリエステルで再現したのがエステルシャンタン生地となります。
生地の織り方は木綿のそのままで光沢があり発色がよく、はりがあり、しわになりにくい特徴です。
※生地巾150cm

他のメーカー

通常の企画で出回っている生地ではないので、もしかすると当社しかお取り扱いがない生地かもしれません。

すべての素材生地一覧
PAGE TOP