松竹梅と富士山に鶴

縁起の良い1枚

古来より、慶事・吉祥のシンボルとされる松・竹・梅。日本ではお祝いの席や引き出物など、お目出度い場面で昔から使われてきました。その松竹梅に富士山と鶴を組み合わせた、とても縁起の良い風呂敷です。 松竹梅の周りを飛ぶ、鶴たち。実は1組だけ恋人同士の鶴がいます。ぜひお手元でお探しください。ほっと温かな気持ちになる。そんな幸せな風呂敷です。

「松竹梅と富士山に鶴」のデザインについて

「松竹梅と富士山に鶴」の幻想的で大変おめでたい柄のお風呂敷は、
結婚のお祝いとしてもふさわしいですし、和装をするときに結び方一つで
袋物に変わって、荷物が増えても便利なため、重宝します。

「松竹梅と富士山に鶴」のデザインについては、つがいの仲の良い鶴も描かれており、
持っているだけで幸せな気持ちになれる風呂敷です。

元から「松竹梅と富士山に鶴」はすべておめでたい柄で、最高のものの取り合わせ
と言えるでしょう。

「松竹梅と富士山に鶴」ですから、お祝いを持っていくときの袱紗代わりにもなりますし、
結納返しのお品を包んだりするのにも最適です。

ほかの方へのお祝いのお品を包んでも素敵で喜ばれるでしょう。
「松竹梅と富士山に鶴」の風呂敷はプレゼントと共にそのまま差し上げるのも良いですね。

まさに和柄の鶴と松竹梅が描かれた風呂敷で縁起担ぎ

日本で古くから用いられている風呂敷は、それぞれの家の家紋や花鳥風月が図柄として用いられてきました。
縁起の良い動植物や物を吉祥文様といって、その柄には鶴や亀そして松竹梅があります。鶴は千年、亀は万年との言葉通りに長寿の象徴であり、加えて並んで描かれていることから仲睦まじい夫婦の象徴ともされています。
地方によっては、嫁入り道具をまとめるために、家紋と吉祥文様を染め抜いた風呂敷を用いる地域があります。
嫁ぐ先での長寿や夫婦円満を願うという、嫁に出す娘への親の愛情と思いやりを感じさせます。

もともと風呂敷は物を包む布であり奈良時代頃から用いられてきましたが、室町時代になり、風呂の脱衣場で脱いだ衣類を他人が間違えないよう区別するために、家紋入りの風呂敷が使われ、江戸時代にもこの風習が継承されました。
現代では単に物を包むだけでなく、長寿や繁栄を願うために誕生祝いや贈り物に用いられることも多くなりました。
物や衣類を包む用途から、縁起担ぎとして贈られるようになった風呂敷は、日本を訪れる外国人にも喜ばれるアイテムになっています。

寿司屋などでお馴染みの『松竹梅』|その由来や使われ方は?

松竹梅は、マツとタケとウメの植物のことでおめでたいものの象徴として3つの組み合わせが親しまれています。
中国では数字の三はめでたい数とされていて、縁起を担ぐ意味でも三種類の植物の組み合わせが好まれました。
四季のある国でしたので、厳しい寒さの冬の時期であっても美しい花と生き生きとした葉が生えている植物に、豊かな生命力を映し出しているものと捉えられています。
これを歳寒三友と呼んで、宋の時代になるとマツとタケとウメが清廉と潔白と節操を表すものと認識されました。

日本では古来から、マツとタケの常緑性から生命力のたくましさや繁栄や長寿の象徴とされています。
ウメはこれら2つよりも後に日本にやってきた植物で、奈良時代の後期頃とされています。
渡来当初は貴重なものでしたので、貴族にとっては憧れの大陸の文化の証しでした。
その後ウメも国内に広まり、江戸時代になると中国の歳寒三友の日本人の解釈としてマツとタケとウメが位置付けられました。

サイズと素材から選ぶ

サイズ 素材 詳細
小風呂敷(50×50cm) 木綿シャンタン 通販はこちら
2巾(70×70cm) ポリエステル100%(メロンアムンゼン) 通販はこちら
3巾(100×100cm) 木綿シャンタン 通販はこちら

松竹梅と富士山に鶴 シリーズ

生産
日本製
デザイナー
杉田 扶実子
PAGE TOP