くじら

日本画の原画がそのまま風呂敷に

杉田扶実子さんの手描きの原画がそのまま風呂敷になりました。 大胆な波の模様と躍動感あふれる鯨たちが印象的で、原画そのままの筆使いが細部に見られます。ニュアンスのあるブルーに色は、ぜひ男性にもお使いいただきたい一枚です。 爽やかなブルーの色合いは、コーディネートの指し色に、またインテリアのアクセントにとお使いいただけます。

「くじら」のデザインについて

「くじら」の風呂敷は、京都で活躍する日本画作家、杉田扶実子さんの手描きの原画を
そのままデザインした、さわやかな雰囲気の風呂敷です。

「くじら」のデザインについての特徴は、躍動感あふれるくじらたちと日本画ならではの
細部にまで見られる生き生きとした筆使いです。
淡い色合いのブルーベースのグラデーションに、大胆な波の模様とくじらたちの姿が印象的です。

サイズはアレンジのしやすい約100センチ角で、綿100パーセントの日本製です。

ニュアンスのあるブルーの風呂敷は、性別問わず使えるので、
男性に使っていただきたい一枚で、プレゼントにも最適です。

またインテリアのアクセントとして、ティッシュカバーにするなど日常使いにもおすすめです。

爽やかなブルーの色合いが特徴!クジラ柄の撥水風呂敷

爽やかなブルーの色合いが特徴的なクジラ柄の撥水風呂敷もあります。
くじらがモチーフになった爽やかなカラーと柄の撥水風呂敷はとても珍しく、くじらの生態に興味がある人や研究をしている人や海の生き物が好きな人などにギフトを贈る際にクジラ柄の撥水風呂敷をラッピングとして用いるのも最適です。
きっと喜ばれるでしょう。

撥水風呂敷は水を弾いて空気を通しシミや汚れもつきにくい素材なので、機能的で使い勝手が良く万能です。
一つ持っているととても重宝します。風呂敷には様々な使い道があります。
携帯しておけばいざというときに荷物入れとして使用することが出来ますし、書類を包んだりするのにも適しています。
ワインやシャンパンなどのボトルを包んだり手作りのお菓子を包んだりするのにも最適なので、ホームパーティーに行くときにも役立ちます。
大判のものはいくつかの結び目をつくることでバッグにもなりますし、ちょっとした目隠しにも使えます。

海の哺乳類の鯨の生態や特徴は?

海の哺乳類の鯨の生態や特徴についてですが、前肢は魚の胸びれのような形に変化していて爪も存在しない、後肢は退化しており外見上は見当たらないがその名残で腰骨が筋肉中に埋もれて存在している、鼓膜や三半規管などはあるが耳殻が存在せず耳の穴も塞がっている、体毛は口の周りに少しある程度でその他の部位には見当たらず鱗も存在しないなどの身体的な特徴があります。
陸生哺乳類と同様に鼻孔を有していて肺で空気呼吸をするというのも特徴的です。
水の中での対応についてですが、エコーロケーションという超音波で様々な情報を察知し、周辺環境の確認や獲物の採取をしています。
摂食や睡眠や出産や育児などの行動を全て水の中で行う完全な水生動物です。

鯨に関する国際機関として、IWC(国際捕鯨委員会)があります。
国際捕鯨取締条約に基づき鯨資源の保存や捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として設立され、日本は1951年に加盟しています。

サイズと素材から選ぶ

サイズ 素材 詳細
小風呂敷(50×50cm) 木綿シャンタン 通販はこちら
2巾(70×70cm) 撥水ポリエステル 通販はこちら
3巾(100×100cm) 木綿シャンタン 通販はこちら
撥水ポリエステル 通販はこちら

くじら シリーズ

生産
日本製
デザイナー
杉田 扶実子
PAGE TOP