最新ニュース

ご存知ですか?? ふろしきのサイズについて

ふろしきのサイズを表す「巾(はば)」という言葉。
実際にはどのぐらいの大きさを表すものかご存知ですか?

もともとは呉服などを扱う業界で使われていた言葉が
元になっています。

昔は反物の幅が現在の約36㎝と決まっており、それより大きい巾の反物がほしい場合には、36㎝の巾の物を横につなぎ合わせていました。
現在、京都のれんでは、ふろしきの大きさを”2巾”・”3巾”などを表示していますが、これは「2巾分、つまり36㎝を2枚分の大きさ」ということになります。
ちなみに・・・36㎝を2枚分ということは72㎝となるはずですが、実際には、約68㎝。計算が合いませんよね。
これは、縫い合わせた縫いしろがある為なんです。
よって、3巾も単純に36㎝×3=108㎝でなく実際には約105㎝になるんですね。

ざっと大きさを知る手掛かりとしてこんな豆知識を持っておくのも、”つう”ですよね。

サイズについて、もっと詳しくはこちらから▼▼

関連記事

  1. ”Kemonoss in 京都マルイ” に参加します

  2. オンラインショップリニューアルに伴う、サービスの一時休止のお知らせ

  3. 風呂敷オリジナルオーダーの事例をUPしました。

  4. 「旅する雑貨店」Kemonoss イベント情報を更新しました。

  5. 「クロネコメール便」廃止に伴う、サービス停止のお知らせ

  6. 黒川温泉旅館組合様 湯めぐり撥水風呂敷

PAGE TOP