三巻縫製とは

身近なシャツやズボン、さらには風呂敷にも使われている三巻縫製は、三つ折りにして縫う方法です。
何故この方法を採用するかといえば耐久性が上がるためで、織物の強度を上げてくれます。
風呂敷などは使う目的や使う期間なども考えて作られていますが、三巻縫製だと生地を裁断した後で端を縫うので必然的に耐久性が高くなります。

江戸時代の頃に一般の人もつかうようになったと言われてますが、そのころはポリエステル素材がなく、綿で巾を縫い合わせしていたため、
周囲縫製が一般的になったのではないかと言われています。

当社では長く使って頂きたい想いより定番商品はポリエステル素材でもできる限り四方三巻仕様にしております。

風呂敷は環境に優しいことでも注目されていて、何度も使えて持っていくときにもかさ張らないので他の袋にかわると言われていますが、
エコだけの意識でなく、その風呂敷に対しての愛着が沸くような商品を作ることに努めています。

 

最近の記事 おすすめ記事
  1. 京都のれん株式会社が産経新聞社様に掲載されました。
  2. Kemonossあずま袋アイキャッチ画像
  3. mitatemoyouシリーズが登場しました
  1. 京都のれん株式会社が産経新聞社様に掲載されました。
  2. mitatemoyouシリーズが登場しました
  3. レジ袋有料化応援価格であずま袋販売中

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PAGE TOP