インクジェットプリント手法 

読んで字のごとくジェットノズルで図案を表現します。
大きく分けて、当社では二つの手法にて製作しております。

ダイレクトインクジェットプリント手法

前処理をした布に直接染料を吹きつきて、その後蒸し・水洗い ・整理(湯のし)
をいたします。

つまりインクジェットプリントと言えど、手捺染と大きく納期が異なるわけではございません。

当社対応生地    ポンジー 綿シャンタン トロピカル生地

昇華転写手法

特別な紙(転写)にインクジェットプリンターにて吹き付けて、
その後、その転写紙と布を熱圧着させて、インクを昇華し、布に染色する手法です。
通常の染色と異なり、蒸し・水洗い ・整理を転写昇華にて一揆にやってしまうことから、
水を汚さないエコの手法と呼ばれています。
難点はポリエステル素材のみしか染色ができません。

当社対応生地 ポリエステル素材すべて風呂敷価格表へ

PAGE TOP