インクジェットプリント手法 

読んで字のごとくジェットノズルで図案を表現します。
大きく分けて、当社では二つの手法にて製作しております。

ダイレクトインクジェットプリント手法

前処理をした布に直接染料を吹きつきて、その後蒸し・水洗い ・整理(湯のし)
をいたします。

つまりインクジェットプリントと言えど、手捺染と大きく納期が異なるわけではございません。

当社対応生地    ポンジー 綿シャンタン トロピカル生地

 

 

トロピカルインクジェットプリント表現の細かさ

 ダイレクトインクジェットプリント表現線幅となります。機械や季節や生地についても影響は少なからず受けるので、もしも詳細に確認になりたい方は一度サンプル見本を取っていただくと幸いです。 

昇華転写手法

特別な紙(転写)にインクジェットプリンターにて吹き付けて、
その後、その転写紙と布を熱圧着させて、インクを昇華し、布に染色する手法です。
通常の染色と異なり、蒸し・水洗い ・整理を転写昇華にて一揆にやってしまうことから、
水を汚さないエコの手法と呼ばれています。
難点はポリエステル素材のみしか染色ができません。

当社対応生地 ポリエステル素材すべて風呂敷価格表へ

 

 

線幅確認書

 

 

 

 

 

 

最近の記事 おすすめ記事
  1. Hanako2021.7月号京都のれん雑誌掲載
  2. 2021.05.20

    広島県 A様
  1. のし付しろめちゃんてぬぐい発売

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PAGE TOP