ぬりたし(塗り足し)

塗り足しとは、仕上がりのサイズよりも外にある、データの部分で、
縫製の際に裁ち落とされる部分のことをいいます。
カットされる部分にまでデータを作っておくことで、
カットの過程でどうしてもおきてしまうわずかな生地のズレがあっても、生地の端まできれいに染色が出ます。

 

 

PAGE TOP